キリスト教式の結婚式

美しいウェディングドレスを着て永遠の愛を誓うキリスト教式の結婚式についてお話します。キリスト教式の結婚式では何といっても花嫁のウェディングドレスに注目です。純白の美しく豪華なウェディングドレスが見られるのはキリスト教式の最大の特徴です。日本ではキリスト教式の結婚式を行うことが多く、ウェディングドレスを取扱うショップもとても多いです。それではキリスト教式の結婚式ではどういうスタイルなのかをご紹介しましょう。

女性の憧れのウェディングドレスはキリスト教式

街を歩いていて、ふとウェディングドレスの並んだショップを見かけることがありますが、ついつい見とれてしまいますよね。ウェディングドレスは多くの人々から注目されるとても美しいドレスで、このウェディングドレスを着ることができるキリスト教式のスタイルの結婚式が多いのも納得です。また、日本では神前式も人気のスタイルです。日本独特の伝統のある結婚式の美しさはとても素晴らしく、日本人なら神前式のスタイルで!というカップルも少なくありません。ですが、神前式のスタイルでは、新郎と新婦の家族のみで結婚式を行うため、その他の友人や知人、会社の同僚や先輩、上司などのたくさんの人たちを集めて行うことができません。キリスト教式の結婚式ではそれが可能で、多くの人たちに見守られながら愛を誓うことができます。特に女性なら素敵なウェディングドレスを着た自分をたくさんの人に見てもらいたいはずです。そんな方はキリスト教式の結婚式がお薦めです。

プロテスタントとカトリック

キリスト教式の結婚式は日本でも人気のスタイルですが、キリスト教式は二つの方法に分かれているのをご存知でしょうか?それは「プロテスタント」と「カトリック」の二つです。キリスト教式のスタイルの結婚式はほとんどがプロテスタントの方法で行われています。カトリックは基本的にキリスト教以外の信者の結婚式を行うことができません。プロテスタントは宗教に関係なく行うことができますので、無宗教がほとんどの日本の人たちでも行えるプロテスタントの 結婚式が用いられています。

キリスト教式のスタイルで行う結婚式はほとんどが教会かチャペルです。しかし、キリスト教の信者でない場合、教会で挙式を行うことができないところがほとんどです。可能の場合であっても、結婚講座を受ける必要があったりと、決まりごとがあります。ですが、チャペルでならキリスト教の信者でなくても結婚式を行えます。ホテルや結婚式場の多くがチャペルを設置していますので、挙式と披露宴を続けて行うことができます。

キリスト教式の進行

キリスト教式のスタイルの流れとして、まず新郎が先に聖壇の前に立ちます。新婦は父親と一緒にバージンロードを進み、父親から新郎へ新婦を連れて行きます。このシーンがとても素敵です。自分の娘を新郎に届けるという感動の場面ですね。そして全員起立して賛美歌を合唱し、牧師が聖書を朗読します。このときとても静かになりますので、いろいろな思いがこみ上げてきます。朗読が終了すると、誓約式となり、牧師の問いかけに対し誓いを述べます。誓いが済むと、いよいよ指輪の交換です。結婚式でも一番感動する場面ですね。新郎から新婦へ、新婦から新郎へと左手の薬指に指輪をはめます。すると牧師が二人の結婚成立の宣言をし、結婚証明書の署名を行います。そして最後に全員で賛美歌を合唱し、新郎新婦は腕を組んで式場を退出します。

基本的にはこれがキリスト教式の流れになっていますが、キリスト教式のスタイルは教会やチャペル以外にも、レストランや船上、水族館や博物館などでも行われる事があります。綺麗な花びらが舞うフラワーシャワーや全員が手に持った風船を一斉に飛ばして祝福するバルーンリリースなんかもキリスト教式ならではです。

recommend

仙台 脱毛サロン

最終更新日:2017/11/13